ライン

ライン

熊谷ゼミとは

概要

熊谷ゼミとは、早稲田大学教育学部社会科学専修のゼミ。専攻は金融。学生は半期に一度の発表と年に一回のゼミ論を通して、各自の専門性を高めていく。
経済の流れと学問がどう関わるか、各自が研究できるのが特徴。議員訪問や地方自治体首長の訪問、東京証券取引所・日本銀行の見学、
日本経済新聞社主催の日経TESTへの参加など課外活動も積極的に行われている。サブプライム以降の不況にありながら、就職も案外いいらしい。笑

研究

熊谷ゼミの研究は主に経済を中心に行う。
経済に関係すれば、テーマは何でも構わないので、財閥について勉強したり、戦国時代の経済について研究したり、
神奈川県の相模原市は政令指定都市になるべきか否かなど、多様なテーマで勉強している。
ディスカッションについていくためには、それなりの予習が必要。もちろん予習をしなくてもノリで何とかなってしまうのが、
熊谷ゼミのいい所である。楽しく遊び、楽しく学ぶ、早稲田らしさを残すゼミです。

就職

熊谷ゼミの就職は2010年度は金融関係に多くのゼミ生が就職した。
都市銀行3名・損保最大手・生保最大手・保険等販売会社など
その他、在京キー局・公認会計士2名・郵政・通信大手・商社・自治体職員など

過去には広告代理店・鉄道・総合情報企業等、就職先は多岐に渡る。

箱根ゼミ旅行

葛飾区長訪問

Copyright (C) Kumagai Seminar All Rights Reserved. css by pondt
訪問者数: